猫の睡眠時間は長い!1日の3分の2(14~16時間)も眠る理由とは!

猫の睡眠時間はとても長いです。

一日の半分以上寝ているのも当たり前で、14~16時間寝ているといわれていますし、私は猫を飼っていますが実際それくらい寝ています。

猫はもともと狩猟動物でしたので、猫同士の縄張り争い、狩りなどに、何かの緊急事態に備え、極力エネルギーを蓄えようとするための猫の生まれ持っての習性なのです。

睡眠のサイクルは私たち人間と同様で、深い眠り(ノンレム睡眠)と浅い眠り(レム睡眠)をがあり、それを繰り返します。

が、猫の睡眠はほとんどが浅い眠りとなっています。

猫の睡眠のサイクルは深い眠りは1回約7分、1日分でも60分程度といわれており、その理由は、敵に襲われたときにすぐに気づくためです。

とはいえ、飼い猫となると襲われる心配がない為、野生の猫よりも深い眠りの時間が長くなるのが一般的です。

ちなみに子猫は、1日に20時間ほど眠るといわれています。

これほどまでによく眠る理由は、体と心の成長には睡眠が多く必要となるです。

体の成長を促す「成長ホルモン」は眠っている間に分泌されます。

また、脳内の情報整理をしたり、新しい神経が作られたりするのも睡眠中です。

これらのため、育ち盛りの子猫には長い睡眠時間が必要となるわけです。

猫は夜行性の動物です。

とはいえ、夜行性の動物であっても起きている必要がなければ夜に眠ることは普通です。

猫の独特な寝るポーズに「ヘソ天」と呼ばれる仰向けで寝る可愛いポーズがあります。

あの寝方は猫が暑い!と感じた時に体を広げて空気に触れる面積を増やして体温を下げようとしている体勢です。

ただし!おなかは猫にとっても急所となりますので安心できる場所でしかこのポーズにはなりません。

つまり飼い主の目の前でヘソ天で寝ている時は安心して猫がリラックスして眠っている証拠なのです。

猫と一緒に過ごしていると色々なことに遭遇します、楽しいこと、怒ること、悲しいこと、などなど、出来るだけ良い思い出を共有したいですね。

ですから猫の色々なことにもこだわってあげたく私は思っておりカナガンキャットフードというちょっと高級なキャットフードをあげることにしました。

インターネットではさまざまな口コミ・評判がありますが、今日もうちの猫は喜んで食べています^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする